ブリコラージュ的な知やパフォーマンスについて,研究・実践しています。

× Close

Book

  • Book

    ブリコラボの研究・実践領域に関する文献リストです。
    ※随時更新していきます。(最終更新2012年12月5日)

    【インプロ・演劇教育】
    Keith Johnstone “Impro: Improvisation and the Theatre” Methuen Drama, 2007
    キース・ジョンストン(三輪えり花訳)『インプロ―自由な行動表現』而立書房,2012
    Keith Johnstone “Impro for Storytellers” Routledge, 1999
    Toby Wilsher “The Mask Handbook: A Practical Guide”Routledge, 2006
    Sears A. Eldredge “Mask Improvisation for Actor Training & Performance: The Compelling Image”Northwestern Univ Pr, 1996
    池上奈生美,秋山桃里『インプロであなたも「本番に強い人」になれる—もう突然の出来事やプレッシャーに負けない!』フォレスト出版,2005年
    今井純『自由になるのは大変なのだ—インプロ・マニュアル』論創社,2006年
    今井純『即興し始めたニッポン人1』論創社,2009年
    今井純『即興し始めたニッポン人2』論創社,2010年
    今井純『即興し始めたニッポン人3』論創社,2010年
    絹川友梨『インプロゲーム—身体表現の即興ワークショップ』晩成書房,2002年
    高尾隆『インプロ教育—即興演劇は創造性を育てるか?』フィルムアート社,2006年
    高尾隆・中原淳『インプロする組織』三省堂,2012年
    パトリシア・ライアン・マドソン(野津智子訳)『スタンフォード・インプロバイザー 一歩を踏み出すための実践スキル』東洋経済新報社,2011年
    吉村竜児『即興<インプロ>の技術』日本実業出版社,2006年
    インプロジャパン『インプロ・シンキング—直感力を鍛え、イマジネーションを広げるトレーニングブック』ダイヤモンド社,2002年
    スポーリン(大野あきひこ(訳))『即興術—シアターゲームによる俳優トレーニング』未来社,2005年
    小林由利子他『ドラマ教育入門』図書文化,2010年
    オーエンズ,グリーン(小林由利子(編))『やってみよう!アプライドドラマ』図書文化,2010年
    ニーランズ(渡部淳訳)『教育方法としてのドラマ』晩成書房,2010年
    米屋尚子『演劇は仕事になるのか?』彩流社,2011
    佐藤公治『音を創る、音を聴く:音楽の協同的生成』新曜社(2012年)
    桑野隆『夢みる権利 : ロシア・アヴァンギャルド再考』東京大学出版会(1996年)
    平田栄一朗『ドラマトゥルク : 舞台芸術を進化/深化させる者』三元社(2010年)

    【ワークショップ・コミュニケーション】
    平田オリザ『コミュニケーション力を引き出す』PHP新書,2009年
    平田オリザ『わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か』講談社現代新書,2012年
    キャロル・S.・ドゥエック(今西康子(訳)『「やればできる!」の研究—能力を開花させるマインドセットの力』草思社,2008年
    ジェームズ・スロウィッキー(小高尚子(監修・訳))『「みんなの意見」は案外正しい』角川書店,2009年
    スコット・ペイジ(水谷淳(訳))『「多様な意見」はなぜ正しいのか—衆愚が集合知に変わるとき』日経BP社,2009年
    エドガー・H・シャイン(金井壽宏(監修),金井真弓(訳))『人を助けるとはどういうことか—本当の「協力関係」をつくる7つの原則』英治出版,2009年
    キース・ソーヤー(金子宣子(訳))『凡才の集団は孤高の天才に勝る—「グループ・ジーニアス」が生み出すものすごいアイデア』ダイヤモンド社,2009年
    上田信行『プレイフル・シンキング』宣伝会議,2009年
    中野民夫他『ファシリテーション』岩波書店,2009年
    金井壽宏『働くみんなのモティベーション論』NTT出版,2006年
    中原淳『ダイアローグ対話する組織』ダイヤモンド社,2009年
    ボッツマン、ロジャース(小林弘人(監修),関美和(訳))『シェア<共有>からビジネスを生みだす新戦略』日本放送出版協会,2010年
    西村佳哲『自分の仕事をつくる』ちくま文庫,2009年
    エンゲストローム(山住勝広, 山住勝利, 蓮見二郎(訳))『ノットワークする活動理論 : チームから結び目へ』 新曜社(2013年)
    山内祐平, 森玲奈, 安斎勇樹『ワークショップデザイン論 : 創ることで学ぶ』慶應義塾大学出版会(2013年)
    苅宿俊文, 佐伯胖, 高木光太郎(編)(編)『ワークショップと学び1:まなびを学ぶ 』 東京大学出版会 (2012年)
    苅宿俊文, 佐伯胖, 高木光太郎『ワークショップと学び2:場づくりとしてのまなび 』 東京大学出版会 (2012年)
    苅宿俊文, 佐伯胖, 高木光太郎(編)『ワークショップと学び3:まなびほぐしのデザイン』 東京大学出版会(2012年)

    【身体・マスク】
    竹内敏晴『ことばが劈かれるとき』ちくま文庫,1988年
    竹内敏晴『「からだ」と「ことば」のレッスン』講談社現代新書,1990年
    野口三千三『原初生命体としての人間』岩波現代文庫,2003年
    野口晴哉『整体入門』ちくま文庫,2002年
    近藤良平『からだと心の対話術』河出書房新社,2011
    高橋雄一郎『身体化される知 : パフォーマンス研究』せりか書房(2005年)
    樋口聡『身体教育の思想』勁草書房(2005年)
    ニック・クロスリー(西原和久, 堀田裕子(訳))『社会的身体 : ハビトゥス・アイデンティティ・欲望』新泉社(2012年)

    【気象・災害】
    NHK放送文化研究所, 日本放送協会放送文化研究所編『NHK気象・災害ハンドブック』日本放送出版協会,2005年
    小倉 義光『一般気象学』東京大学出版会,1999年
    木村 龍治監修『気象・天気図の読み方・楽しみ方』成美堂出版,2004年
    永沢義嗣『天気図の散歩道』クライム気象図書出版部,2008年
    稲葉弘樹『ずっと知りたかった飛行機の事情—お天気とのビミョーな関係』東京堂出版,2008年
    ファイル(倉嶋厚、高橋早苗(訳))『イギリス気象情報』河出書房新社,1994年
    大後美保編『天気予知ことわざ辞典』東京堂出版,1984年
    猪熊隆之『山岳気象大全』 山と渓谷社,2011
    筆保弘徳、芳村圭編著『天気と気象についてわかっていることいないこと : ようこそ、そらの研究室へ』ベレ出版 (2013年)
    矢守克也『巨大災害のリスク・コミュニケーション : 災害情報の新しいかたち』ミネルヴァ書房(2013年)
    関谷直也『風評被害 : そのメカニズムを考える』光文社(2011年)

    【環境・科学技術】
    Anders Hansen “Environment, Media and Communication” Routledge, 2010
    Maxwell T. Boykoff “Who Speaks for the Climate?: Making Sense of Media Reporting on Climate Change” Cambridge University Press, 2011
    地球環境戦略研究機関編『環境メディア論』中央法規出版,2001年
    石弘之、原剛、岡島成行『徹底討論 地球環境—環境ジャーナリストの「現場」から』福武書店,1992年
    石弘之編『環境学の技法』東京大学出版会,2002年
    ハニガン(松野弘(監訳))『環境社会学—社会構築主義的観点から—』ミネルヴァ書房,2007年
    鳥越皓之編『環境問題の社会理論‐生活環境主義の立場から』御茶の水書房, 1989
    松野弘『環境思想とは何か—環境主義からエコロジズムへ』筑摩書房,2009年
    マーチャント(川本隆史, 水谷広, 須藤自由児(訳))『ラディカルエコロジー‐住みよい世界を求めて』産業図書,1994年
    マーチャント(団まりな(訳))『自然の死—科学革命と女・エコロジー』工作舎,1985年
    シヴァ『緑の革命とその暴力』日本経済評論社,1997年
    ドライゼク『地球の政治学—環境をめぐる諸言説』風行社,2007年
    ワート(増田耕一、熊井ひろ美(訳))『温暖化の〈発見〉とは何か』みすず書房,2005年
    米本昌平『地球環境問題とは何か』岩波書店, 1994年
    竹内敬二『地球温暖化の政治学』朝日新聞社,1998年
    シュナイダー (内藤正明, 福岡克也(監訳)) 『地球温暖化の時代‐気候変化の予測と対策』ダイヤモンド社,1990年
    江守正多『地球温暖化の予測は「正しい」のか?』化学同人,2008年
    松井賢一『国際エネルギー・レジーム —エネルギー・地球温暖化問題と知識—』エネルギーフォーラム,2006
    信夫隆司『地球環境レジームの形成と発展 』国際書院, 2000
    蟹江憲史『環境政治学入門—地球環境問題の国際的解決へのアプローチ』丸善,2004年
    藤倉良『環境問題の杞憂』新潮社,2006年
    浜野喬士『エコ・テロリズム—過激化する環境運動とアメリカの内なるテロ』洋泉社,2009年
    沖大幹『水危機 ほんとうの話』新潮社,2012
    藤垣裕子、廣野喜幸編『科学コミュニケーション論』東京大学出版会,2008年
    藤垣裕子『専門知と公共性』東京大学出版会,2002年
    藤垣裕子編『科学技術社会論の技法』東京大学出版会,2005年
    小林 傳司『トランス・サイエンスの時代—科学技術と社会をつなぐ』NTT出版,2007年
    小林博司編『公共のための科学技術』玉川大学出版会,2002年
    ギボンズ(小林信一(監訳))『現代社会と知の創造-モード論とは何か-』丸善ライブラリー,1998年
    ザイマン(村上陽一郎、三宅苞、川崎勝(訳))『縛られたプロメテウス—動的定常状態における科学』シュプリンガー・フェアラーク東京 ,1995年
    上杉正幸『健康不安の社会学—健康社会のパラドックス 』世界思想社,2000年
    小島正美『誤解だらけの「危ない話」—食品添加物、遺伝子組み換え、BSEから電磁波まで』エネルギーフォーラム,2008年
    山口富子他『萌芽する科学技術 先端科学技術への社会学的アプローチ』京都大学学術出版会,2009
    御代川貴久夫、関啓子『環境教育を学ぶ人のために』世界思想社,2008年
    北村和夫『環境教育と学校の変革—ひとりの教師として何ができるか』農山漁村文化協会,2000年
    今村光章『環境教育という「壁」—社会変革と再生産のダブルバインドを超えて 』昭和堂,2009年
    フィエン(石川聡子, 塩川哲雄, 渡部智暁, 石川寿敏,原子栄一郎(訳) )『環境のための教育—批判的カリキュラム理論と環境教育』東信堂,2001年
    江守 正多、気候シナリオ「実感」プロジェクト影響未来像班『地球温暖化はどれくらい「怖い」か? : 温暖化リスクの全体像を探る』技術評論社(2012年)
    加納雄大『環境外交 : 気候変動交渉とグローバル・ガバナンス』信山社(2013年)
    西山哲郎編『科学化する日常の社会学 』世界思想社(2013年)
    P.J. Mol.”Environmental reform in the information age : the contours of informational governance” Cambridge University Press(2011)
    米本昌平『地球変動のポリティクス : 温暖化という脅威』弘文堂(2011年)

    【メディア】
    リップマン(掛川トミ子(訳))『世論(上・下)』岩波書店,1987年
    リップマン(河崎吉紀(訳))『幻の大衆』柏書房,2007年
    ブーアスティン(後藤和彦(訳))『幻影の時代—マスコミが製造する事実』東京創元社,1974年
    マクルーハン(森常治(訳))『グーテンベルクの銀河系—活字人間の形成』みすず書房,1986年
    ドゥボール(木下誠(訳))「スペクタクルの社会」筑摩書房,2003年
    ダヤーン、カッツ(浅見克彦(訳))『メディア・イベント—歴史をつくるメディア・セレモニー』青弓社、1996年
    津金沢聡広(編)『近代日本のメディアイベント』同文舘出版,1996年
    バラン、デイビス(宮崎 寿子(監訳))『マスコミュニケーション理論』新曜社,2007年
    竹下俊郎『増補版メディアの議題設定機能‐マスコミ効果研究における理論と実証』学文社,2008年
    竹内郁郎『マスコミュニケーションの社会理論』東京大学出版会,1990年
    タックマン(鶴木眞・櫻内篤子(訳))『ニュース社会学』三嶺書房,1991年
    大石裕『政治コミュニケーション』勁草書房,1998年
    大石裕『ジャーナリズムとメディア言説』勁草書房,2005年
    岡満男、山口功二、渡辺武達編『メディア学の現在』世界思想社,1994年
    田村紀雄, 林利隆, 大井眞二編『現代ジャーナリズムを学ぶ人のために』世界思想社,2004年
    日本科学ジャーナリスト会議編『科学ジャーナリズムの世界-真実に迫り、明日をひらく』化学同人,2004年
    プラトカニス、アロンソン(社会行動研究会 (訳))『プロパガンダ—広告・政治宣伝のからくりを見抜く』誠信書房,1998年
    シュタウバー、ランプトン(栗原百代(訳))『リスキー・ビジネス』角川書店,2002年
    小田玲子『サウンド・バイト:思考と感性が止まるとき—メディアの病理に教育は何ができるか』東信堂,2003年
    松永和紀『メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学 』光文社,2007年
    林香里『「オンナ・コドモ」のジャーナリズム:ケアの倫理とともに』岩波書店(2011年)
    ノーム・チョムスキー(本橋哲也(訳))『メディアとプロパガンダ』青土社(2008年)
    池田純一『ウェブ×ソーシャル×アメリカ:「全球時代」の構想力』講談社(2011年)
    Walter Lippmann “The public philosophy” Transaction Pub(1989)
    ジェームズ・カラン(渡辺武達監(訳))『メディアと権力 : 情報学と社会環境の革変を求めて』論創社(2007年)
    早稲田大学メディア文化研究所編『メディアの地域貢献:「公共性」実現に向けて』一藝社(2010年)

    【教養・その他】
    シドニー・タロー(大畑裕嗣(監訳))『社会運動の力 : 集合行為の比較社会学』彩流社(2006年)
    Aldon D. Morris and Carol McClurg Mueller(edited)”Frontiers in social movement theory”Yale University Press(1992)

    【教養・その他】
    ベック(東廉(監訳))『危険社会』二期出版,1988
    ベック、ギデンズ、ラッシュ(松尾精文, 小幡正敏, 叶堂隆三(訳))『再帰的近代化‐近現代における政治、伝統、美的原理 』而立書房, 1997年
    ベック(島村賢一(訳))『世界リスク社会論 テロ、戦争、自然破壊』平凡社, 2003年
    バーマン(柴田元幸(訳))『デカルトからベイトソンへ—世界の再魔術化』国文社,1989年
    ベイトソン(佐藤良明(訳))『精神の生態学』新思索社,2000年
    ソシュール(影浦峡、田中久美(訳))『ソシュール一般言語学講義—コンスタンタンのノート』東京大学出版会,2007年
    丸山圭三郎『ソシュールの思想』岩波書店,1981年
    丸山圭三郎『文化のフェティシズム』勁草書房,1984年
    フーコー(田村俶(訳))『狂気の歴史—古典主義時代における』新潮社,1975年
    フーコー(田村俶(訳))『監獄の誕生—監視と処罰』新潮社,1977年
    フーコー(渡辺一民, 佐々木 明(訳))『言葉と物—人文科学の考古学』新潮社,1976年
    フーコー(慎改康之訳) 『知の考古学』河出書房新書,2012
    レヴィ・ストロース(大橋保夫(訳))『野生の思考』みすず書房,1976年
    中村雄二郎『臨床の知とは何か』岩波新書,1992年
    スピバック(上村忠男訳)『サバルタンは語ることができるか』みすず書房,1998
    本橋哲也『侵犯するシェイクスピア : 境界の身体』青弓社(2009年)
    矢守克也『アクションリサーチ : 実践する人間科学』新曜社(2010年)
    重田園江『フーコーの穴 : 統計学と統治の現在』木鐸社(2003年)
    中河伸俊, 赤川学(編)『方法としての構築主義』勁草書房(2013年)
    コリン・エラード(渡会圭子(訳))『イマココ : 渡り鳥からグーグル・アースまで、空間認知の科学』早川書房(2010年)
    佐藤嘉幸『新自由主義と権力 : フーコーから現在性の哲学へ』人文書院(2009年)
    ヴィヴィアン・バー(田中一彦(訳))『社会的構築主義への招待 : 言説分析とは何か』川島書店(1997年)
    前野隆司(編著)『システム×デザイン思考で世界を変える : 慶応SDM「イノベーションのつくり方」』日経BP社(2014年)
    鈴木智之『「心の闇」と動機の語彙 : 犯罪報道の一九九〇年代』青弓社(2013年)
    内藤正典, 岡野八代(編著)『グローバル・ジャスティス : 新たな正義論への招待』ミネルヴァ書房(2013年)
    牧野智和『自己啓発の時代 :「自己」の文化社会学的探究』勁草書房(2012年)

    Jason Lankow, Josh Ritchie, Ross Crooks(浅野紀予(訳))『ビジュアル・ストーリーテリング : インフォグラフィックが切り拓くビジネスコミュニケーションの未来 』ビー・エヌ・エヌ新社(2013年)
    田中佐代子『Power Pointによる理系学生・研究者のためのビジュアルデザイン入門』講談社(2013年)
    Julie Steele, Noah Iliinsky(編)(牧野聡(訳))『ビューティフルビジュアライゼーション』オライリージャパン(2011年)
    Toby Segaran, Jeff Hammerbacher(編)(堀内孝彦(訳)『ビューティフルデータ』オライリージャパン(2011年)